【ラジオ】夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~ #38

ルーチェpresents
夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~
2019.9.25放送
ゲスト:


−−さあ、今週も始まりました、『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。略して『ユメリバ』。株式会社ルーチェが運営するルーチェクラブの加盟店やゲストを招き、お互いの夢を語り合い、応援するコーナーです。
進行は、私、近藤公美がお送りしていきます。そして、ルーチェからは今週もこの方々です。


田岡:はい。株式会社ルーチェの田岡でございます。皆さま、本日もよろしくお願いいたします。


原:株式会社ルーチェ セレモニー心の原でございます。よろしくお願いします。


−−よろしくお願いいたします。
さて、今日は何の日なんですけれども、今日9月25日は、あのシドニーオリンピック女子マラソンで高橋尚子さんが優勝。女子マラソンでの日本人初の金メダルを獲得した日なんだそうです。2000年のことでした。


原:ほー。


田岡:なるほどー。


原:Qちゃんの。


−−うん!


原:あー、見てました。


田岡:うん。


−−覚えてますよね?


原:うーん。


−−うーん。『LOVE 2000』も流行りましたよね?hitomiさんのね?そんなおめでたい日ということなんですけれども。東京2020オリンピックに向けても、ね?盛り上がってきましたね。


原:そうですね。


田岡:うん。


−−うーん。


田岡:いよいよですね。


−−チケット、申し込まれたりしました?


田岡:申し込んでないです。


−−あ、そうなんですか(笑)


田岡・原:(笑)


田岡:申し込もうと思ってましたけど。うーん。


−−ええ、ええ。気付けば終わってた?


田岡:そうですね。終わってましたね。


−−そうですかー。もう原さんは・・・


原:はい。


−−オリンピックが行われる頃には・・・


原:はい。


−−絶賛子育て中!


田岡:うーん。


原:そういうことになりますね。


−−ね?


原:うわー!


−−ちっちゃい赤ちゃんを抱えながらのオリンピック観戦に(笑)


原:そうですね。ほっぺたに日本の国旗でも書いときましょうか?ね?


−−そうですね。思い出になるまた1年にもね?なりそうですけれども。


原:はい。


−−今週はですね、ユメリバでは9月4日・11日に出演していただきました日本料理天楽 武田智美さんの夢を振り返っていきたいと思います。


田岡・原:はい。


−−さあ、武田さんの夢が、天楽のお弁当を食べた方・ご来店いただいた方に一人でも多く満足していただき、また来たいと思ってもらえるような場所にしたい、お店にしたいという夢でした。


田岡:うん。


−−田岡さんが、お話聞いてる時に、


田岡:はい。


−−これまでまた全然違う業界でお仕事をされていたからこそ、この日本料理天楽のお店でのお仕事で活かされていること、気付くことがある。そういうところに助けられているというふうにお話をされていましたけれども。


原:うーん。


−−こういうところ助けられたなーっていう出来事とかってありますか?


田岡:例えばですけど、料理を入れる箱とかですかね、結構こだわって選んでくれたりとか。


−−うーん。


田岡:はい。僕達からしたらね。どんな箱でも何となく同じように見えるというか、感じですけど、そこは細かいところもこだわってやってくれてるので。ほんとにこだわりがあるっていうのはほんとに強みですよね、うん。人としてのね。


−−うーん。武田さんの細やかな気配り、心配りっていうのは、この日本料理天楽でも活きているということなんですね?


田岡:そうですね、うん。ほんとに明るい方なんで、すごい。いつ行っても笑顔でほっとします。もう行ったらなんか癒されるというかね、はい。


−−(笑)


原:(笑)


−−この日本料理天楽では、法要などはもちろんですしお弁当なども・・・


田岡:そうですね。


−−注文受け付けているということですので、今まさに行楽シーズン真っ只中でもありますのでね。是非まだ日本料理天楽、ご利用いただいたことがないという方は、是非お問い合わせ、ご予約・・・


田岡:是非お願いします。


−−いただきたいと思います。


原:お願いします。


−−日本料理天楽について、詳しくはルーチェクラブのサイトでも情報が紹介されていますので、是非アクセスをしてみてください。
さあ、それではここで今週のリクエストをお届けしたいと思うんですけれども。


田岡:はい。


−−今週のリクエストは田岡さんから、


田岡:はい。


−−ということなんですね?


田岡:はい。それでは聞いてください。福山雅治で「家族になろうよ」。


♪~福山雅治「家族になろうよ」~♪


−−お送りしているのは、今週は田岡さんからのリクエスト。福山雅治「家族になろうよ」、お届けしています。田岡さん、


田岡:はい。


−−この曲を選ばれた理由は?


田岡:この曲はですね、今隣にもいますけど、原の方が間もなく産休に入るということで、家族がね、1人増えるということで。歌詞の中に「どんなことも乗り越えてゆける」っていう歌詞があるんですよね。


−−ええ。


田岡:もうそのことをそのまま伝えたいなということで。まあ子育てって、私も3人子どもいますけど、予想外のことばっかりなんですよね。


−−うん。


田岡:近藤さんも、今ね?絶賛子育て中。


−−そうです。


原:(笑)


田岡:ほんとに予想外・・・思ってもないようなことが急に起きるというか、うん。で、自分ではそれが当たり前でもやっぱり産まれてきたばっかりの赤ちゃんって何もできない、うん。けど夢の塊というか、もう可能性は無限大なんで、赤ちゃんから子供からもパワーをもらって更にパワーアップして、どんなこと、どんな困難でも乗り越えていってもらって、また一緒に仕事ができるようにね、したいなと思ってます。


原:ありがとうございます。


−−そのエールを込めて、今週は福山雅治「家族になろうよ」を原さんに向けて・・・


原:わー!


−−今週はお届けしたいと思います。


原:なんという電波ジャック。


−−ね?


田岡:(笑)


原:またね?(笑)


−−今、田岡さんからのね?お話にもありましたけれども、今回の放送をもちまして、ユメリバの番組開始当初からMCの一人として、時にゲストの夢を聞いて熱い思いを語り、時にガチで美容相談をし、


田岡:うーん(笑)


原:(笑)


−−高校演劇部時代のハングリー精神も時折垣間見せてくれました原さん、元気な赤ちゃんを産むため、産休に入られることになりまして、番組をしばらくお休みすることになりました。


原:はい。


−−子育ては思いもよらぬ事の連続というお話がありましたけれども、今日の番組もサプライズゲスト!


田岡:なんと!


−−登場いただきたいと思います。


田岡:なんと!なんと!


原:え、なんだろう?あらら!


児玉会長:原さん、どうも、1月から9月までほんとにご苦労さんでございました。


原:わ!


児玉会長:ルーチェプレゼンツ、これからもまた視聴者共々に聞いていただきたいし、復帰して是非とも帰ってきていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


原:あら!わ、ありがとうございます!


児玉会長:はい。ご苦労さんでございました。


田岡:これは・・・


−−スペシャルゲスト、児玉会長から・・・


原:ありがとうございます。


田岡:スーパーゲストですね。


−−はい。


原:弊社の会長の児玉会長から。


−−はい。


原:今、皆さん見ていただけないと思うんですけど、お花をいただきました!


田岡:色とりどりの綺麗な花ですよ、ね。


原:うわー!ありがとうございます。びっくりしました。え?びっくり!


−−サプラ~イズということで。


原:いつからサプライズ、あれされてたんだろう?


田岡:サプライズですねー。


原:いやー。


−−田岡さんと児玉会長からのエールを受けて。


原:はい。


−−是非、原さんから一言いただけたらと思います。


原:はい。すごいですね、こんな・・・もういろんな視聴者の方が聞いてくださってるところですごく私事なんですけれども、元気な赤ちゃんを産むためにちょっとお休みを取らせていただくことになりました。また、私、仕事大好きな人間なのであっという間に戻ってくるかなと思うんですけれども、しばらくの間、私もリスナーとしてこの後登場されるゲストの皆さんだとか夢の話聞きながら、産まれてくる子どもと一緒に夢を大きく持ってもらえるようにラジオ聞きながら頑張っていきたいなと思いますので、困難を乗り越えていけるように、近藤さんにも田岡部長にもそして会長にも夢をどんどん発信していただけたらなと思っております。ほんとに今まで皆さま、ありがとうございました。


−−うーん!


一同拍手


−−一旦お疲れ様でした。


原:はい。


−−そして頑張って元気な赤ちゃんをポーンと産んできてください。


原:ポーンとね。産んできます(笑)


−−皆さんからのエール、そしてユメリバ、夢を発信し続けて、それが原さんのね?きっと応援になったらいいなと私たちも番組を来週からも・・・


田岡:そうですね。


−−頑張ってまいりましょうね?


田岡:頑張ります。


−−さあ、あっという間に今週はお時間がやってきてしまいました。
また是非原さんがただいまと言える場所であり続けられるように・・・


田岡:そうですね。


原:はい。


−−リスナーの皆さんにも応援していただけたらと思います。


原:よろしくお願いします。


−−さあ、お送りしてまいりました『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。今週は、田岡さんとそして産休に入られます原さんとお送りしてきました。お二人、今週もありがとうございました。


田岡・原:ありがとうございました。


−−そして児玉会長もありがとうございました。


田岡・原:ありがとうございました。


児玉会長:お疲れさんでございました。


−−『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。この番組は株式会社ルーチェの提供でお送りしました。次回もどうぞお楽しみに。