【ラジオ】夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~ #32

ルーチェpresents
夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~
2019.8.14放送
ゲスト:


−−さあ、今週も始まりました、『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。略して『ユメリバ』。株式会社ルーチェが運営するルーチェクラブの加盟店やゲストを招き、お互いの夢を語り合い、応援するコーナーです。
進行は、私、近藤公美がお送りしていきます。そして、ルーチェからはこの方々です。


田岡:はい。株式会社ルーチェの田岡でございます。皆さま、よろしくお願いいたします。


原:株式会社ルーチェ セレモニー心の原慈恵です。よろしくお願いします。


−−よろしくお願いします。


田岡:よろしくお願いします。


−−さて、今日8月14日は、徳島市の阿波踊り3日目です。FM徳島でも『PASSION de AWAODORI 2019』放送中ということで、その中でお届けする『ユメリバ』となっております。


原:熱いですね。


田岡:熱いですね。


−−ねー。


原:はい。


−−お二人は、阿波踊りの経験などはいかがですか?


田岡:阿波踊りは・・・


−−うん。


田岡:半年間だけ連に入ったことあります。


原:あ、そうなんですか?知らなかった。


−−半年間だけ?


田岡:半年間だけ。


原:いくつの時ですか?


田岡:半年間だけ。高校卒業して1年目ぐらいの時ですかね。


原:ほー。


−−なんでまた?


田岡:19歳ぐらいの時に。


−−ええ、ええ、ええ、ええ。


田岡:阿波踊り、あ、やってみたいなーっていう思い、もうそれだけです。あ、やってみたいなーっていうのでやってみましたけど、もう腰が痛くて。


−−(笑)


原:あ、男性はそうですよね。


田岡:すごい腰が痛くて。


−−18歳でそれを言いますか(笑)


田岡:めちゃめちゃ腰が痛くて。


原:(笑)


田岡:ちょうど趣味でしてるサッカーでちょっと怪我をして。


原:あー。


田岡:それとちょっと重なってっていうのもあって、ですね。


−−ふん、ふん、ふん。半年間の昔取った杵柄は?(笑)


田岡:もう全然覚えてないです、はい。


一同笑


−−見る阿呆専門に。


田岡:そうですね。そうですね。もう専門ですね、はい。


−−原さんはいかがですか?


原:特に連とかに入ってたわけではないんですけど、子どもの時にラジオ体操の後に近所のおばあちゃんがやってきて、阿波踊りを教えてくれるんですよ。


田岡:ふーん。


−−へー!


原:それを、小学校の納涼祭が8月のお盆の時期にあるんですけど、そこで各地区の子ども達が集まって踊りを披露するんですけど、それでひたすら踊ってた。踊るの好きだったので。見よう見まねでずっとやってた記憶があって。それからずっとそれこそ踊る阿呆にはなってなかったんですけど。去年かな?友人の結婚式に大阪に行った時に、その友人が高校が同じ友人なんですけど。旦那さんがサプライズでそういう出張で来てくれる阿波踊りの連の方に声掛けてて、徳島出身の人は踊りましょうみたいな感じで、大阪でなぜか結婚式会場でドレス着て踊るっていうことを、去年ぐらいにしましたね。


田岡:なるほど。


−−なるほどー。


原:あんな格好で踊ることになるとはっていう・・・


−−(笑)


田岡:(笑)


原:感じでしたね。


−−でもありますよね。小学校の時にラジオ体操 with だったり。


原:そうです、そうです。


−−体育の授業の中で・・・


田岡:はい、はい、はい。


−−阿波踊りの授業あったりして。


原:ええ、ええ、ええ。


田岡:ありましたね。ありました、ありました。


原:徳島特有なんでしょうね。


−−ね?一度は人生で、徳島人なら踊ったことがあるっていうのが多いかもしれないですよね。


田岡:そうですよね、うん。


原:おそらくそうだと思います。


−−今年の阿波踊りも、踊る阿呆、見る阿呆、そしてラジオを聞く阿呆になって、


原:(笑)


−−リスナーの皆さん、阿波踊りを存分に堪能していただきたいと思います。


原:はい。


−−さあ、今週のユメリバなんですけれども、7月24日・31日に出演していただきましたトータルビューティーサロン ローレル黒田繭さんの夢を、お二人と振り返っていきたいと思います。


田岡・原:はい。


−−黒田さんの夢が、美しく歳を重ねる。そして、徳島でエステと言えばローレルと言われるように、っていう夢を話してくださいました。


原:ええ。実にその・・・ご自身でそれを体現しようとされてる方だったので、お綺麗な方でしたし小顔でしたし、私たちの悩みに対してあんなに親身にね。ちょっと田岡さんには、その場にいてもちょっとピンと来ないかもしれないですけども。


田岡:(笑)いえ、いえ。


原:個別に相談に乗っていただきまして。


田岡:あ、なるほど。


原:はい。


−−公開美容相談。ね?


原:そうです。


田岡:なるほど。


−−叶いまして。


原:ラジオお聞きの皆さま方に、私達の肌の状態がどうであるのかっていうのが・・・


−−そうですね。


原:つぶさに分かるような質問をしてしまいまして。あんなにね、丁寧にしっかりと教えていただいて。ね?話しやすい方でしたし、とっても素敵な方だなと思ってお話してたんですけども。うん。


−−うーん。まさに、身も心も阿波美人という雰囲気でしたけれども。


原:はい。


−−お店の雰囲気も、お客様ご自身の美意識が高まるように意識していろんなアイテムをね?配置されてるっていうお話もありました。


原:はい。シャンデリアがあったりとか、ちょっといいソファを用いてらっしゃったりとかっていうことで。壁紙とかも気を遣ってると仰ってましたし。私も、前回・・・前々回かな?お話したように、ちょっと気分が上がるというか女性のテンションが上がるようなものっていうのを使ってらっしゃって、しかも自分とプライベートサロンみたいな形で一対一で対応していただけるので、過ごしやすい所だなーっていうふうに思っていました。そうなんです。美意識上げるで思ったんですけども、私、黒田さんとちゃんとこうやってラジオでお話するまでは、ちょっと実はね、今すごい顔が荒れててしんどくて外に出て誰にも会いたくないんですよ、ぶっちゃけると。・・・の状態であんな綺麗な方と眩しい方とお話するのがすごいしんどいなーっていうのは正直あったんですけども、そうじゃなくて、自分の持ってらっしゃるものとかっていうので相手を押しのけてしまうのではなくて、引きつけて、すごく私自身を前向きな気持ちにさせていただいたなっていうふうに思ってて。私もちょっとそれこそ冷たい水で顔を洗うとかもそうですし、やってみようとかできることをやって、内面も外面も綺麗になりたいなって思えたっていうのがすごく大きくて。黒田さん、感謝ですっていう感じですね、はい。


−−うーん。やはり黒田さんご自身の夢でも語ってらっしゃった、美しく年齢を重ねていくっていうことで、外のメンテナンスはもちろんですけれども、心のね?メンテナンスについてもお話をされていたりして。


原:はい。


−−そのうちの一つが、もしかするとね?黒田さんにお会いしてお話していく中で原さんが感じられた変化のように、あ、もっとこうやったら綺麗になれるんだって思わせてもらえるところも、また一つね。


原:はい。


−−トータルビューティーサロンの魅力の一つかもしれないなーっていうふうに思いましたね。


原:思いましたね。体のパーツ全部のトータルっていう意味じゃなくって、心とか生き方っていうところをトータルしてトータルビューティーっていうふうに呼んでいいんじゃないかなっていうふうに思いましたね。


−−さあ、それではここで、ルーチェからのお知らせをお願いします。


原:はい。先週もお伝えしたんですが、今月8月26日朝10時から、川内にございますセレモニー心 家族葬ハウス川内におきまして、税理士の先生に来ていただいて無料のセミナーを開催いたします。ほんとに予約など不要ですので皆さまほんとに足を運んでいただきまして、気軽にお話伺っていただけたらと思います。問い合わせにつきましては、0120-388-233。こちらのフリーダイヤルまでお問い合わせをお願いいたします。


−−さあ、今週はあっという間にお時間がやってきてしまいました。この番組『ユメリバ』では、あなたの夢についてのメッセージも随時受け付けています。今後番組内でもご紹介していきたいと思いますので、ご自身の夢はもちろん、応援したい人の夢など、どしどしお寄せください。宛先はtj@fm807.jpまでお送りください。
さあ、今週は、7月24日・31日に出演していただきましたトータルビューティーサロン ローレル黒田繭さんの夢を振り返ってきました。
それでは、田岡さん・原さん、今週も本当にありがとうございました。


田岡・原:ありがとうございました。


『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。このコーナーは株式会社ルーチェの提供でお送りしました。次回もどうぞお楽しみに。