【ラジオ】夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~ #26

ルーチェpresents
夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~
2019.7.3放送
ゲスト:


−−さあ、今週も始まりました、『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。略して『ユメリバ』。株式会社ルーチェが運営するルーチェクラブの加盟店やゲストを招き、お互いの夢を語り合い、応援するコーナーです。進行は、私、近藤公美がお送りしていきます。そしてルーチェからはこの方々です。


田岡:はい。株式会社ルーチェ田岡でございます。皆さま、よろしくお願いします。


原:株式会社ルーチェ セレモニー心の原です。よろしくお願いします。


−−よろしくお願いします。


田岡:お願いします。


−−さて今週はですね、ルーチェのお二人と共に、5月15日・22日にご出演いただいたスマイルトレーナー青山美紀さん、そして5月29日・6月5日にご出演されましたフタバ花園の中村雅彦さんの夢を振り返っていきたいと思います。さあ、まずはスマイルトレーナーの青山美紀さんですけれども、夢は笑顔大国日本でした。夢をお聞きしていかがでしたか?


田岡:すごいですよね。笑顔。


−−日本ですからね。


田岡:日本中を笑顔にしたいっていうことですよね?日本と言えば笑顔っていうことですよね?


−−うーん。


田岡:すごいですね。素晴らしいと思います、はい。


−−放送の中でもご紹介しましたけれども、ショートカットの素敵な、リクエストも小柳ゆきさんでしたけども、小柳ゆきさんにも通じるようなクールビューティーというか。


田岡:ああ、そうですね、はい。


−−ね?そんな印象の方でしたけれども。笑顔がパーッと花咲くように素敵でした。ねー。


原:うーん。


−−聞くところによりますと、実はもともとスーパーロングヘアだったと。


田岡:そうですね、腰ぐらいまで、腰高ぐらいまで・・・


−−ええ。


田岡:ありましたね。


−−うーん。


田岡:はい。すごい長かって、ね。ヘアドネーション・・・


原:そうですね。


田岡:されたって、ね、言ってましたね。


−−うーん。髪の毛を寄付して病気などで困っている方のカツラに・・・


田岡:そうですね。


−−していただくという活動をされていたりとか。


田岡:そうですね、ボランティアですよね、それってね?


−−出会いがボランティアきっかけだったって、田岡さんおっしゃってましたけども。


田岡:そうですね、はい。もうとにかく青山さんは何か・・・基本的に災害の跡地というか被災地に出向いてボランティア活動されてるっていうのが多いんですけど。


−−うん。


田岡:大阪とかであった震災や熊本の震災とか、何度も・・・もう毎週末のように行ってたんじゃないですかね?


−−ふーん!


原:ふーん!


田岡:たくさんの方から寄付金だったりとか、お水・食料だったりとか、使える物・・・子どものおもちゃだったりとか服とかね?あと家具・家電もそうですけどいっぱい集めて、知り合いのとこから大きい車ハイエースとか借りて、そこにいっぱい乗せて青山さんが運転して行く。


原:へー!そうなんですか?


−−ご自身で?


田岡:ご自身で。


−−へー!


田岡:自分で運転して行かれるんですよ。


−−パワフルですね。


田岡:すごいなっていうね。


−−やっぱりそういう活動のお話も聞いて、笑顔が表面だけの筋肉だけの笑顔じゃないっていうなんか・・・


田岡:そうですね、はい。


−−中からくるものなんだっていう裏付けがやっぱり感じますね。


田岡:うーん、そうですね。


−−笑顔の大切さも、かなり田岡さんは噛み締めていらっしゃいましたけれども。


田岡:そうですね、笑顔って本当にね、大事ですよね?


一同笑


田岡:仕事中もまあそうですけど、それ以外のところもそうですよね?笑顔で接するとやっぱり感じ方、接しられ方、感じ方違うと思いますし・・・


−−うーん。


田岡:放送の分でも入ってたと思いますけど、コンビニの店員さん。


−−うーん。


田岡:いらっしゃいませって言う・・・


原:うんうんうん、言われてましたね。


田岡:声のちょっとの違いで、やっぱり受け取る側の人の気持ちっていうのも違いますし。


−−うーん。


田岡:心って見えないものですけど、見えないものが見えてるものに全て繋がってるっていうのはすごい感じましたね。大事だなって思いますよね。日頃の・・・。自分がやっぱり損しますよね?自分の気分で、ああ今日はもう疲れたし嫌なこといっぱいあったし、ああ・・・もう・・・。なんかこう言われても(無愛想に)「うんうんそう。あ、じゃあそうやっとって」って言うんじゃなくて。ね?って言うとやっぱり自分が最終的になんなこの人って思われるっていうことは損するっていうことですよね?じゃなくて、そこでも、それはそれ、これはこれってきっちり分けて、何か言われたら「あ、お願いします」って笑顔で言えるとやっぱりね、その後の事ってまたプラスになって返ってきますから。全然違うんだなって、よく思いますよね。


−−そうですね。印象的だったのは、多少無理してでも口角を上げて笑っていると気持ちがそれについてくるっていうふうな話をされていたので、是非今ラジオをお聞きのリスナーの皆さんも今口角下がってるなと思った方はキュッと上げて・・・


原:(笑)


田岡:そうですね。


−−この後もユメリバをお楽しみいただきたいと・・・


原:はい。


田岡:お願いします。


−−思います。
さあそしてもうひとかた、フタバ花園、石井町のお花屋さんの中村雅彦さんの夢。


原:はい。


−−お伺いしましたけれども、中村さんの夢は世界から戦争がなくなること。


原:はい。またさらに壮大なスケールに・・・


田岡:壮大ですよね。


原:なっていったんですけれども。もともと国連で勤めたいと思ってらっしゃったりとか、イギリスに留学されたりとかっていうことで、放送の時にもお伝えしたんですけど、私は、彼が生粋の石井町育ちの石井町の花屋さんの店長さんていうイメージだったので、かなりビックリしたっていう印象があります。ほんとに一見石井町の地元の花屋さんなんですけども、その傍ら留学生を招いて文化を伝え合うっていう、EIL・・・


−−ええ。


原:ですね?の活動を進んでされてるということを伺いまして。その放送を聞いた方、私も含めてなんですけど、自分はただの会社員だからとか、ただの主婦だからそういう世界規模の何か活動っていうのは全然できないよっていうふうに世界のことを投げてしまうんじゃなくって、ただの一介の日本人だからこそ何か出来る形っていうの模索したらあるんだなっていうのに気付かされて、ご本人は結局国連ではお務めではないですし、外務官になってるわけでもないんですけども、実際にそうやって具体的に動けるっていうのにすごくびっくりした印象があります。


−−うーん。確かに町の花屋さんという看板は持ちつつも・・・


原:はい。


−−実は世界の為に・・・


原:そうなんです、はい。


−−動いていたっていう夢をお話しいただきましたけれども。なかなかお人柄というか、実は今回こぼれ話として、放送に臨まれるに当たって・・・


原:はい。


−−バッチリと・・・


原:そうなんですよ!


−−レジュメと言いますか、プレゼンテーションを考えてくださってたんですよね?


原:まさかのパワーポイントでしたからね。


−−(笑)


田岡:すごいですよね。


原:はい。今まで来ていただいた方で・・・


−−ええ。


原:最初にね、いろいろ聞き取ったりとかメモを控えたりとかってのはあるんですけども、あそこまで作り込んできてくださった方っていうのは実は初めてで、恐縮してしまいましたけどね。


−−すーごい分かりやすかった!(笑)


田岡:(笑)


原:データで送っていただいてね。


−−ほんとに(笑)


原:はい。


−−そういった心遣いだったりとか新しいことに取り組むっていうね、そういった前向きなパワーっていうのを、一見穏やかな話しぶり・物腰からはちょっと・・・


原:そうですね。


−−ギャップのある情熱みたいなものを・・・


原:はい。


−−お話から感じることができましたね。


原:熱意と誠意が一緒になってるような感じでしたね。


−−などなど、今回は5月から6月にかけてこのユメリバに出演いただきましたスマイルトレーナーの青山さん、そしてフタバ花園の中村さんの夢を振り返っております。まだまだ語りつくせない夢はね、たくさんあるんですけれども、今週はそろそろお時間がやってきてしまいました。ここでルーチェからのお知らせがあるということなんですよね?


原:はい。弊社が運営している徳島・香川で使えるクーポンサイト ルーチェクラブでは現在加盟店を大募集しております。徳島で夢を持って頑張っているお店・企業の皆さん、どうぞ奮ってご応募いただけたらと思います。お問い合わせは、フリーダイヤル0120-388-233。0120-388-233までお問い合わせください。


−−是非、このユメリバで夢を語りたいという・・・


田岡:そうですね、はい。


−−お店・企業の方も・・・


原:そうですね。


田岡:是非是非、お願いします。


−−このルーチェクラブの方へお問い合わせいただければと思います。みなさんの夢を伺えるのを楽しみにしておりますよ。
さあこの時間は、株式会社ルーチェの田岡さんそして原さんとお送りしてきました。また来週もよろしくお願いします。


田岡・原:お願いします。


−−『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。このコーナーは株式会社ルーチェの提供でお送りしました。