【ラジオ】夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~ #14

ルーチェpresents
夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~
2019.4.10放送
ゲスト:創作料理土竜(もぐら) オーナー 山内翔一郎さん


−−さて、今日4月10日は仕入れの日なんだそうです。お店を任されてる方などは、もうどれだけの工夫とそして経験からの予測を繰り広げて日夜闘っていらっしゃるんでしょうか。そんなプロ達と比べるのもなんなんですけれども、私も昨年結婚しまして家族の食卓を管理する立場になったわけなんですけれども、たかだか大人2人と赤ちゃん1人、2.5人分でもなんとかロスを出さないようにと毎日必死のパッチです。そんな我が家の冷蔵庫では、今日もですね、大葉がしなびて SOSを出しております。家庭の食卓をスムーズにまわしていくっていうのもなかなかハードなものなんですね。などと申しております、この時間は『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。略して『ユメリバ』。株式会社ルーチェが運営するルーチェクラブの加盟店やゲストを招き、お互いの夢を語り合い、応援するコーナーです。進行は、私、近藤公美がお送りします。
そして、今週もルーチェからはこの方です。


田岡:はい。先週に引き続きまして、株式会社ルーチェ田岡でございます。本日も皆様よろしくお願いします。


−−よろしくお願いします。


田岡:お願いいたします。


−−さあ、ちょっと仕入れの話なんかも出ましたけれど。


田岡:そうですね。


−−ね?


田岡:シビアな話ですよね。


−−そうですね。


田岡:仕入れってほんとに大事だと思いますし、仕入れ…安いからいっぱい仕入れたらいいってわけでもないと思うんですよね。


−−ええ。


田岡:ちゃんとその仕入れた品物が果たしてお客様の手元にちゃんと渡るのかとか、そういうところまで考えてやっていかないとなあっていうのはつくづく思いますね。


−−さあ、この方は仕入れ…ね?


田岡:そうですね。


−−どんなご苦労・工夫を重ねていらっしゃるんでしょうか。


田岡:ゲストの紹介をさせていただきます。先週に引き続きまして、秋田町にある創作料理土竜オーナーの山内翔一郎さんです。よろしくお願いします。


山内さん:こんにちは。徳島が生んだ革命児。流れ星こと居酒屋土竜の山内翔一郎です。


−−(笑)よろしくお願いします。


田岡:よろしくお願いします。


山内さん:どうも。お願いします。


−−今週も流れ星が来てくれました。


田岡:そうですね、いい感じに。


山内さん:また来週も呼ばれるように頑張ります。


田岡:来週は呼びません。


一同笑


−−ご遠慮願いたいと…


一同笑


田岡:仕入れ。どうですか?山内さん。


山内さん:僕、苦手ですね。


−−あー。


山内さん:業者からいつも週末になったら電話かかってきます。週末やけど注文ないんかと。すみません、ありますと。


一同笑


−−催促されて(笑)。
先週お聞きした夢が。田岡さん。


田岡:そうですね。家庭円満ということで、奥様やお子様の話が少し出ましたけど。引き続いてですね、今週もちょっと掘り下げてですね、聞いてみたいなと思うんですけど、どうですか?家庭円満。先週から今週にかけてちなみに一週間。


山内さん:はい、喧嘩してません。


−−(笑)


田岡:喧嘩してない?


山内さん:はい。喧嘩してません。


−−円満に。


田岡:円満に。


山内さん:はい。


−−子育て情報とかもパパ友として情報交換されたりしてるんですか?


山内さん:僕の方が一方的にね。


一同笑


−−情報提供してる?


山内さん:ちゃうちゃう!僕の方が一方的に聞いてます。


−−へ-!何かアドバイスもらいました?


山内さん:えーと…。奥さんを大切にすること。


−−あ!


山内さん:それを一から十まで。はい。


−−じゃあ、まさに掲げられてる夢の家庭円満の…


山内さん:ほーやね。


−−師匠とも言える存在は…


山内さん:あー、田岡やね。


−−田岡さん!


山内さん:そうそう。


田岡:そう言っていただければ、ありがたいですね。


−−初めて夢をお伺いした時に、男性で家庭円満て夢に上げてくれるのってなんか素敵だなーっていうふうに感じたんです。


田岡:うーん、素敵ですよね。


−−奥さんとしては嬉しいなと思うんですよね。


山内さん:多分聞いてるんでね、奥さんが。奥さん、これ聞っきょんで。もっと言うとかな。


一同笑


山内さん:好きだよー。


一同笑


−−公共の電波に乗せて。


山内さん:奥さん好きだよー!


−−この家庭円満ていうのは結婚当初からずっと掲げられてるんですか?


山内さん:そうそう。もう何年も、10年も20年も30年もこれから先、ちゃんと嫁と子どもを大事にしていけるように。はい。日々成長です。


−−日々成長。


山内さん:はい。朝起きたら家庭円満のことを思い浮かべて、そして寝る時は家庭円満を夢みて寝ます、僕は。


−−(笑)なるほど。


山内さん:仕事そっちのけで。


田岡:なるほど。


山内さん:家庭のことだけ。


田岡:なるほど。


−−師匠から見てどうですか?


田岡:仕事はちゃんとしないと、やっぱり家庭もしっかりできないというのは…


−−バランスがね。


田岡:バランスがやっぱり大事ですので。


山内さん:そうですね、はい。


−−結婚してよかったなって思う瞬間…


山内さん:毎日やね。


−−毎日!


山内さん:はい。あったかいご飯が出てきた時。どうしても僕の仕事帰るんが遅くなるんですよね、居酒屋やけん。大体朝方までは言わんけど、けどそういう時にも帰った時は起きてきてくれてごはん作ってくれる時もあれば、仕事行く前は毎日ベランダから身を乗り出して手振ってくれてます。僕も車から身を乗り出して手振って、たまに事故しそうになる時もあるけど。


−−安全運転でお願いします。


田岡:安全運転で。


−−ラブラブですね。


山内さん:ほうやね。僕はラブラブと思ってますけどね。


−−今まさにラブラブ夫婦円満続行中の山内さんから、ここだけは押さえておくべき家庭円満のポイントってありますか?


山内さん:聞き上手になる。


−−聞き上手?


山内さん:はい。これはね、田岡から教わりました。


−−あ、田岡さんからのアドバイス。


山内さん:はい。男は聞く側。男がぺちゃくちゃぺちゃくちゃ言い訳かましてもダサい。女の人が言うんをしっかり聞く。聞くことが大事。そうそうそう。そんな感じで。


−−なるほど。


田岡:だったんかな?そうですね。そんな話したような気もします、はい。


−−家庭円満のポイントは、夫は聞き役であるべし。


山内さん:そうです、絶対。あるべきです。そうあるべき。男も頭に血が上ったらバーって言うてしまう時もあるけど、女の人の方が考えて喋ってるわけやけん、女の人の話をまず聞かんことには、男側の一方的な話を女の人に一方的にするっていうんは、もう暴力ぐらい?言葉の暴力っていうんもあるけんね。そうそう。…っていう。


−−なんか山内さんの言葉の中には、奥様へはもちろんですし、女性へのしっかりとした尊敬、リスペクトの想いお持ちなんだなーっていうのを感じられましたね。


田岡:そうですね。
この辺で今週のですね、山内さんからのリクエストナンバーをお聞きしたいと思います。


山内さん:それでは聞いてください。エイキチヤザワで「いつの日か」。


♪~矢沢永吉「いつの日か」~♪


−−お聞きいただいているのは、矢沢永吉「いつの日か」です。


田岡:それでは最後に、山内さんからリスナーの方へメッセージをお願いします。


山内さん:奥さんを大切に。子どもを大切に。土竜へ足を運ぼう。平日に。はい。


一同笑


田岡:まとまってるようでまとまってない。


山内さん:まとまってない?(笑)


−−隠れ家的そしてお料理も美味しくリーズナブルに毎日でも通えるお店ということですので…


田岡:そうですね。


−−是非足を運んでね、山内さんにもこうして会うことができたら、是非ちょっとね、夫婦関係のアドバイスなんかも…


田岡:そうですよね。


−−もらいたいという方もいらっしゃるかもしれません。


田岡:本当にもう面白い方なんで、山内さんていうのは。ほんとに一度皆さん、お会いしていただいて話をしてもらったら、無邪気な、なんとも言えない笑顔に癒やされると思いますので。笑顔フェチの方は是非土竜へお願いします。


−−この時間は創作料理土竜オーナーの山内翔一郎さんにお越しいただきました。


田岡:山内さんありがとうございました。


山内さん:ありがとうございました。


−−創作料理土竜のお得なクーポンは徳島県・香川県で使えるクーポンサイトLuce Club(ルーチェクラブ)からチェックすることができます。是非ご覧ください。
『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。このコーナーは株式会社ルーチェの提供でお送りしました。次回もどうぞお楽しみに。