【ラジオ】夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~ #9

ルーチェpresents
夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~
2019.3.6放送
ゲスト:ジブラルタ生命保険株式会社徳島支社 北川寛(ひろし)さん


−−今日は3月6日。そしてこのコーナー第9回。3・6・9。なんだか綺麗な並びですね。そんな3月6日は世界一周の日なんだそうです。前から不思議だったんですが、世界一周って何をもって世界一周と認定されるんでしょうね。全ての大陸を回るのか、はたまた全ての国を回るのか。ちょっと気になって調べてみたところ、明確な定義はないそうなんです。一人一人にとっての世界一周があるというわけですね。などと申しております、この時間は『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。略して『ユメリバ』。株式会社ルーチェが運営するルーチェクラブの加盟店やゲストを招き、お互いの夢を語り合い、応援するコーナーです。進行は私、池嵜晃太が務めます。今週も引き続き、この方にお越しいただいております。それでは自己紹介をお願いします。


田岡:はい。先週に引き続きまして、株式会社ルーチェ田岡でございます。皆様、よろしくお願い致します。


−−お願いします。


田岡:お願いします。


−−田岡さん、毎度毎度、枕…私が喋ってるお時間お待たせして大変申し訳ないです。


田岡:いえいえ、とんでもございません。


−−田岡さん、海外旅行行かれたことありますか?


田岡:そうですね。昨年に初めて海外旅行行かせてもらったんですけど。


−−どちらへ?


田岡:シンガポールの方に。


−−また良いとこじゃないですか。


田岡:行かせていただきまして。


−−どうでした?シンガポールって言ったら、ちょっとハイソサエティな雰囲気のある国じゃないですか?


田岡:そうですね。すごい観光地で綺麗な国でしたね。


−−はい。


田岡:すごい刺激を受けたのは…


−−はい。


田岡:シンガポールのベイ・サンズですか。


−−ベイ・サンズ。


田岡:はい。すごい大きなホテルの下に日本食のお店がありまして、そこで食事を食べてた時に隣の席に座ってた日本人の方が声をかけてくださって。その方は貿易で来られてると。


−−はい。


田岡:で、よくよく聞くと私と同い年ということで。同世代がこういった形で世界に羽ばたいて自信を持ってされてるっていうのは本当に良い刺激になりましたし、私も絶対に負けてられないなというようなすごい良い旅行だったし、自分の夢をまた一個叶えたいなってすごい思えた瞬間でしたね。


−−海外旅行の話を聞いて、こんな綺麗な話が出てくるんですよ。いつだってお仕事のことが頭の片隅にあるワークアズライフで生きているわけですよ。北川さん、どう…あ、すみません。もうゲストのお名前もう言っちゃいましたよ(笑)。それじゃ、田岡さん、改めてご紹介お願いします。


田岡:はい。では、ジブラルタ生命株式会社徳島支社徳島第二営業所ライフプランコンサルタントの北川寛さんです。


北川さん:はい、こんにちは。ジブラルタ生命保険株式会社徳島支社、北川です。どうぞよろしくお願いします。


田岡:よろしくお願いします。


−−お願いします。


田岡:北川さん、前回は何ですか?for you。入社したあの日から変わってません。すごい気になりました。もうfor you、あの曲しか出てこないですね。


−−曲しか出てこないですよ、for youって聞いても。


北川さん:ほんとですか?


田岡:詳しく聞かせてください。


北川さん:私入社して約2年になるんですけど、私が入社の時に掲げた夢というのはですね、うちの会社のビジョンでもあると思うんですが、全てオーダーメイドの生命保険です。お客様お一人お一人の状況・ニーズに合わせた最適な保険をオーダーメイドで設計し、私たちライフプランコンサルタントがですね、お客様に寄り添って保険金をお届けするその日までクオリティの高いサービスをご提案し続けると。これが私の夢です。


−−ジブラルタ生命のミッションと北川さんの夢が一致しているってことなんですね?


北川さん:そうですね。


−−入社したその日から変わらないっていうことは、ジブラルタ生命に入社した時に今の夢に出合ったっていうような感じですか?


北川さん:そうですね。そういったジブラルタ生命の考え方に、私は感銘を受けて34歳の時に転職しました。


−−ほー。


田岡:それはジブラルタ生命でべつに働かれてた方と出会ってそういう…入社しようかなっていう風に至ったとか?


北川さん:そうですね。もともとは僕の高校の後輩が務めていて、是非北川さん一緒に働きませんかというところで、今の所長に出会わせていただきまして。


田岡:あー、なるほど。


北川さん:はい。こういった形で今働いてます。


−−シンガポールで隣の席に座ってたとかではないんですね?


田岡:あー、ではなく。


北川さん:違いますね。


一同笑


北川さん:徳島支社でしたね(笑)。


田岡:なるほど。徳島のあの店の…


北川さん:そうです、そうです。


田岡:隣の席に座ってらっしゃったんですね(笑)?


北川さん:そうですね(笑)。


田岡:なるほどー。


−−何事もご縁ですね。


田岡:そうですね。初めて聞きましたね。ちょっとこういう…なんでこういう仕事されてるんですかって聞いたことなかったんで、今思うと。


北川さん:あーそうですよね。


田岡:すごい聞けて良かったです。ありがとうございます。


北川さん:はい。


田岡:ちなみにこのお仕事に就く前、前職っていうのはどのようなご関係のお仕事されてたんでしょうか?


北川さん:はい、前職はですね、田岡さんと同じで葬儀会社で。


田岡:葬儀会社?


−−あ、そうなんですか?


田岡:え、そうなんですか?


北川さん:そうなんです。


田岡:ライバルだったんですね。まさかまさかの。


−−田岡さんご存じでした?


田岡:いやー…知ってました(笑)。


−−あ、知ってた?知ってたかー。


田岡:知ってました。


北川さん:そうなんですよ。その時に高校の後輩からお話をいただいて。


−−さっきお話していただいた…


北川さん:はい。今の会社に入社することになりました。


−−じゃあやっぱりfor youっていう今のお考えは、ジブラルタ生命と出合ってから芽生えたんですね?


北川さん:そうですね。それはもう間違いないと思いますね。


田岡:それではですね、ここで北川さんのリクエストナンバーをお願いします。


北川さん:はい。それでは聞いてください。19(ジューク)で「あの紙ヒコーキ くもり空わって」


♪~19「あの紙ヒコーキ くもり空わって」~♪


北川さん:聞いていただいているのは、19で「あの紙ヒコーキ くもり空わって」です。


田岡:それではここで、北川さんからリスナーの皆様にメッセージをお願いします。


北川さん:はい。私がこの会社に入社していつも心がけていることは、とにかく行動してみるというところです。頭であんまり考えすぎずにですね、考えすぎて臆病になるぐらいだったら行動して失敗してみるっていうのも、最近いいんじゃないかなと思ってます。そして、どうせやるんだったら全力で楽しみながらやっていこうというところですね。


田岡:ありがとうございます。今回はジブラルタ生命株式会社徳島支社より北川寛さんにお越しいただきました。北川さん、ありがとうございました。


北川さん:ありがとうございました。


−−北川さん、ありがとうございました。考えるよりまず行動してみる。それで失敗しても経験値が得られるならば、それは失敗ではないのかもしれませんね。今週も素敵な時間をありがとうございました。
『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。このコーナーは株式会社ルーチェの提供でお送りしました。次回もお楽しみに。