【ラジオ】夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~ #7

ルーチェpresents
夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~
2019.2.20放送
ゲスト:花曜日(はなようび) 橋本ちひろさん


−−今日2月20日は歌舞伎の日なんだそうです。我々日本人は、歌舞伎や能を日本の伝統文化だなどと胸を張りますが、その実、生で見たことがある人はどれぐらいいるのでしょうか。私も早く観に行かねば行かねばと思っているうちに、気がつけば27歳になっておりました。まだまだ勉強が足りませんね。などと申しております、この時間は『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。略して『ユメリバ』。株式会社ルーチェが運営するルーチェクラブの加盟店やゲストを招き、お互いの夢を語り合い、応援するコーナーです。進行は私、池嵜晃太が務めます。今週も前回に引き続き、この方にお越しいただきました。それでは自己紹介をお願いします。


原:はい。株式会社ルーチェ セレモニー心の原慈恵です。


橋本さん:花曜日の橋本です。


−−原さん、橋本さん、今週もよろしくお願いします。


橋本さん・原:よろしくお願いします。


−−お二人は歌舞伎、観たことありますか?


橋本さん:私は学生の時にアルバイトでツアーの添乗員をしてた時に、歌舞伎ツアーの同行というかツアーに連れて行って、一緒に。はい、観ました。全然意味は分からなかったですけど(笑)。


原:でも学生さんの時にちゃんと観たことがあるっていうのはすごいですよね。


−−そうですよね。原さんいかがですか?


原:私もほんとに学生の時にアルバイトで、受付の所で歌舞伎の専門用語を解説するインカムを配るバイトをしてました。


橋本さん:すごい!すごいですね。


−−めちゃめちゃ面白いじゃないですか!


原:でも全然観てないんで分からないです(笑)。


−−かたや分からないけど歌舞伎を観に行き、かたや分からないけど歌舞伎のなにがしかを配り。


橋本さん:そうですね。


原:すごいですよね。


橋本さん:ゆっくり観てみたいですよね。


原:そうですよね。


−−行っていただきたいと思いますけども。


原:はい。


橋本さん:さて、原さん。


原:はい。


橋本さん:前回、私の夢のタイトルをお話したところで終わったんですが、私の夢覚えてらっしゃいますか?


原:はい、覚えてます。人生のセレモニーをお花で彩るっていうことですよね。


橋本さん:はい。覚えていただいてたんですね。


原:はい、もちろんです。ここで改めて橋本さんの夢、人生のセレモニーをお花で彩る、について教えて下さい。


橋本さん:はい。人生のセレモニーをお花で彩る、というのは、出産や入学・卒業・結婚式・お葬式など人生のセレモニーのお手伝いをお花を通してさせていただくというやりがいのある仕事なので、多くの人々に喜んでもらえるようにこれからも頑張っていきたいということです。


原:あー、なるほど。


−−めちゃめちゃ橋本さん、なんか読みながらのしゃべり方でしたね。


一同笑


橋本さん:分かりました(笑)?


−−大丈夫です、大丈夫です。


橋本さん:その通りです(笑)。


−−大事なところですからね。


橋本さん:はい。


原:そうですね。たちまちそしたら3月っていうことで、来月からもうどんどん卒業シーズンとか…


橋本さん:そうですね。これから卒業式とか入学式とか色々あるんですけど、3月はほんとに送別とかもあるので、お花を使う機会がたくさん増えてくると思うんですね。


原:全然普段は思わないんですよね。お花をいただくとか渡すっていうことを思いついたりしないんですけども、こういう節目節目にお花をいただいたりとか渡すっていう時に、嬉しいというか幸せな気分いっぱいになるなあと思いまして。


橋本さん:そうですね。お花を頂いた時も嬉しいですし、私が作ってそのお客様にできた花束とかアレンジをお渡しした時に、すごくお客さんが「わあ、綺麗にできた!」とか。すごい本当に嬉しいですね。


原:すごいですね。


橋本さん:はい。


−−なんか今のお話してる時の橋本さんはいきいきしてましたね。


原:そうですね。


−−やっぱり花が好きなんだなあと。


橋本さん:そうですね。喜んでいただけるっていうのが、すごくやりがいのある仕事だなと思います。


−−出産であったり入学であったり、あるいはルーチェさんでいうところのお葬式であったりとか。


橋本さん・原:そうですね。


−−人生のいろいろなライフイベントのところで関わっていきたいということですよね。


橋本さん:はい、そうですね。ところで原さんて。


原:はい。


橋本さん:今までお花とか貰って嬉しかったことってありますか?


原:あー、あのー、実はですね、私去年の11月の終わりに入籍をいたしまして。


橋本さん:おー!


−−あら!初めて聞きました。


橋本さん:初めて私も聞きました。


原:はい。初めて言いました。結婚しまして。結婚式とかって予定が今のところまだないんですけども、12月のあたまに株式会社ルーチェの忘年会があったんですね、みんなで集まって。その途中で、結婚おめでとうっていうことで会社のみんながお花を準備してくれて。


橋本さん:あー、いいですね。


原:すごい大きな花束で。


橋本さん:サプライズだったんですね。


原:はい。もうびっくりして。今までお花貰って嬉しかったことっていったら、もうすぐにそのエピソードが浮かんできますよね。


橋本さん:最近て結構、男性の方から女性の方にお花を贈るのがすごい増えてて、結婚記念日だったりお誕生日だったり、結構仕事の帰りとかにお花買いに来てくれる男性の方多いんですよ。


原:わあ、ロマンチック!


橋本さん:原さんも来年とか…結婚記念日とかお誕生日とか、是非期待できますよね。


原:ちょっと、この放送を是非主人に聞かせて釘を刺しておきたいなと思います。


橋本さん:でもサプライズに、そしたらならないかもしれませんよね。


原:多分その頃には私があんまり意識しなくなって、今のうちならまだセーフかなと思います。
はい、それではここで、橋本さんのリクエストナンバーをお聞きいただきましょう。


橋本さん:米津げんしで「Lemon」です。


−−けんしです。


一同笑


♪~米津玄師「Lemon」~♪


橋本さん:聞いていただいてるのは、米津玄師「Lemon」です。


−−はい。米津げんしではなく米津けんしの「Lemon」でございます。


原:(笑)
ここまで橋本さんの個人のお話を聞いてきたんですけども。橋本さんがされている花曜日さん、このお店の夢についても教えていただいても良いですか?


橋本さん:はい。今年でお店開店して22周年になるんですけど、そうですね、まだまだこれからも頑張っていきたいと思うので、50周年を迎えられるように頑張っていきたいと思います。


原:まだ倍以上。


橋本さん:そうですね。生きてるかどうか分からないですけど。


−−いやいやいやいや…(笑)


原:それは多分、絶対大丈夫です(笑)。その頃まで一緒に、50周年お祝いさせていただけたらと思います。


橋本さん:はい。よろしくお願いします。


原:お願いします。それでは最後にリスナーの皆様に一言お願いします。


橋本さん:はい。暖かくなってきて春のお花がたくさん出回る時季になりましたので、3月になり送別や卒業などでお花を贈る機会がたくさんあると思うので、是非お店の方にも足を運んで遊びに来ていただきたいと思います。


原:はい。今週は花曜日より橋本ちひろさんにお越しいただきました。橋本さんありがとうございました。


橋本さん:ありがとうございました。


原:それでは最後にセレモニー心からのお知らせです。2月24日日曜日午前10時から11時までの間、川内町榎瀬、家族葬ハウス川内におきまして家族葬についてのセミナーを開催いたします。家族葬について、また費用の面など、何かご不安なこと困ったことがある方は是非足を運んでいただきまして、一つでも悩みを解決するのに役立てていただけたらなと思っておりますので、たくさんの方のご来館お待ちしております。


−−2月24日川内町でお待ちしております。是非お越しください。
橋本さん、原さん、ありがとうございました。


橋本さん・原:ありがとうございました。


−−さて次回はどんな夢が聞けるのでしょうか。今週も素敵な時間をありがとうございました。
『ルーチェpresents 夢の語り場~あなたの夢を教えて下さい~』。このコーナーは株式会社ルーチェの提供でお送りしました。次回もお楽しみに。

関連クーポン